« 第71回全日本学生音楽コンクール参加規定書 | トップページ | 大相撲優勝額 平成29年3月場所・稀勢の里関 »

余録日記

ご利用ガイド
商品画像

商品名:余録日記

価 格:1冊 350円(送料込み)
    3冊 650円(送料込み)
    5冊 950円(送料込み)

サイズ:A4判64ページ

毎日新聞の名物コラム「余録」を張り付け、書き写しができるほか、日記用のスペースもあります。1冊で1カ月ご利用できます。

※毎日新聞紙面のリニューアルによりデザインが変更になりました。
余録日記 1冊  Cart
余録日記 3冊セット  Cart
余録日記 5冊セット  Cart


 毎日新聞朝刊の1面にいつも掲載されている「余録(よろく)」を書き写してみましょう。

 余録とは正規の記録には記載されないような記録、余話の意味です。その日その日のニュースの中から、人々の喜びや悲しみ、憤りの断片をすくいあげ、普通の声で語りかけるようにつづられているコラムです。1902年にその前身「硯滴」がスタートしました。

 現在は毎回610の字数で、▲のマークで6つの段落に分けられています。タイトルは付いていませんが、鮮やかな切り口と分かりやすい文章で、その思いや意見をきっちりと伝えています。

 書き写すだけでなく、分からない言葉、読めない漢字を辞書で調べて書き取っておけば、たくさんの言葉を知ることができます。タイトルを考えてつければ、要約する力がアップします。読んだ感想を記入する欄もあります。

 大学や高校、中学の入学試験に出題されることも度々ですから、学生の皆さんの文章を読みとる力が育ち、学力アップにつながります。どの年齢の方にも「脳の活性化」に役立つはずです。

 ニュースが題材ですから、毎日続けていくと、社会の出来事、時代の流れが分かってきて、新聞がさらに身近になります。ノート1冊で1カ月分です。楽しみながら学んでください。

使い方画像

■ 商品に関する問い合わせはこちら。
 (株)毎栄 営業第2部
  03―3212―0479(平日9時45分から18時)

ご利用ガイド