トップページ > ジャパン・ウォッチ

1012 4面 ケリー・ウェザーリルのジャパン・ウォッチ

音声を聞いてみよう

Tapioca bubbles up in Tokyo
都内のタピオカブーム

話題のタピオカティー。店も次々とオープンし、人気が衰える気配はない。茶の文化を持つ日本だからこそ、新しい楽しみ方が広まったと筆者は推察する。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Oct 11, 2019 ジャパン・ウォッチ

0914 4面 デイビッド・マックニールのジャパン・ウォッチ

音声を聞いてみよう

Still wrestling with the ghosts of the past 

収束しない日韓問題

慰安婦合意や元徴用工賠償訴訟など歴史問題に端を発する日韓の対立は、経済分野にまで拡大している。悪化する一方の日韓関係について筆者が語る。

*今週は編集事情により今週の1面の更新はありません。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Sep 13, 2019 ジャパン・ウォッチ

0810-17 4面 ジャスティン・マッカリーのジャパン・ウォッチ

音声を聞いてみよう

Welcoming the world 
ラグビーW杯の効果

来月開幕するラグビーワールドカップ。外国人が被災地の現状を知ったり、地元の人が外国人と交流したりする良い機会だが、懸念もあると筆者は指摘する。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Aug 9, 2019 ジャパン・ウォッチ

0713 4面 ケリー・ウェザーリルのジャパン・ウォッチ

音声を聞いてみよう

Reclaiming rooftops
屋上の有効活用法

今年ニューヨーク市では、緑化を目指し、新ビルに制限を設ける条例案が可決された。東京でも屋上の有効活用が進んでおり、筆者は今後の動きに期待する。

*今週は編集事情により今週の1面の更新はありません。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Jul 12, 2019 ジャパン・ウォッチ

0608 4面 デイビッド・マックニールのジャパン・ウォッチ

音声を聞いてみよう

The fall of Carlos Ghosn
ゴーン氏を巡る日本の司法

昨年、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン氏が逮捕された。長期間の拘束により「人質司法」と批判を受けている日本の司法制度について筆者が語る。

*今週は編集事情により今週の1面の更新はありません。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

 

Jun 7, 2019 ジャパン・ウォッチ

0511 4面 ジャスティン・マッカリーのジャパン・ウォッチ

音声を聞いてみよう

Transitioning into a new era
新時代への移行

今月から新元号「令和」が施行された。平成2年に初来日し、計20年近く日本に住んでいる筆者も、平成に思いをはせつつこれからの日本に期待している。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

May 10, 2019 ジャパン・ウォッチ

0413 4面 ケリー・ウェザーリルのジャパン・ウォッチ

音声を聞いてみよう

How will we remember the Heisei era?
日本人にとっての「平成」

あと数週間で平成が終わりを迎える。現在も元号制度を採用している日本には、他の国には見られない独特の時代観があると、筆者は考える。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Apr 12, 2019 ジャパン・ウォッチ

0309 4面 デイビッド・マックニールのジャパン・ウォッチ

speaker音声を聞いてみよう

Japan still can do more to prevent suicides
自殺を防ぐために

昨年の自殺者数は9年連続で減少したが、依然2万人を超えており、10代女性の数は前年より増加した。最近人身事故に遭遇した筆者が自殺について考える。

*今週は編集事情により今週の1面の更新はありません。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Mar 8, 2019 ジャパン・ウォッチ