トップページ > VIEWS

1117 14面 「My Mexico」 マリオ・ディシミネ

speaker音声を聞いてみよう

13) Fight night at lucha libre
人気のメキシカンプロレス「ルチャ・リブレ」


プロレスのファンではないという筆者だが、友人の強い勧めで最近初めてメキシコで人気のプロレス「ルチャ・リブレ」を観戦しに行くことに。会場の血気あふれる雰囲気に圧倒されながらも、初めての体験をとても楽しんだという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Nov 16, 2018 VIEWS

1110 14面 「Manhattan in Motion」 渡辺葉

speaker音声を聞いてみよう(本文)

speaker音声を聞いてみよう(リンゴケーキのレシピ)

6) Living in the Big Apple
ニューヨークとリンゴ


ニューヨーク市の愛称の一つに"Big Apple"という表現があるなど、ニューヨーク市と深い関わりがある秋の味覚リンゴ。スイーツや飲み物まで、これからの寒い時期には欠かせない果実と大都市の関係を、筆者がリンゴケーキのレシピと共に紹介する。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Nov 9, 2018 VIEWS

1103 14面 「Into the True Blue」 アイラ・ユール

speaker音声を聞いてみよう

4) Conscious eating in Australia
オーストラリアの食生活


オーストラリアに来た当初と比べ、食文化は飛躍的に発展したと感じる筆者。今では菜食主義者などにとっても、住みやすい環境が整っている。そこで、オーストラリア人の食生活や、筆者おすすめのレストランなどを紹介する。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Nov 2, 2018 VIEWS

1027 14面 「The View From Inside」 レベッカ音羽

speaker音声を聞いてみよう

13) Our River
身近な川


 筆者の住む音羽地域を流れる日野川。周辺の村や町は川の流れに沿って形成されているなど、昔から人々の生活と深く結びついており、川の近くに住む筆者もよく家族と過ごした思い出がある。今でも夏になると川に涼みに行っているという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Oct 26, 2018 VIEWS

1020 14面 「Genuinely German」 クラウディア・ヒルドナー

speaker 音声を聞いてみよう

30) The call of the forest
自然と共に生きる


木々に囲まれると気持ちが落ち着くという筆者。ドイツ人は自然に囲まれて育ち、さらに、ドイツの童話には森を舞台にしたものが多く、幼いころから森林への愛着が深い。ドイツ人の祖先であるゲルマン民族の自然信仰など、自然との関わりには長い歴史があるという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Oct 19, 2018 VIEWS

1013 14面 「Vancouver Vibe」 ジャッキー・ホファート

speaker音声を聞いてみよう

38) Vancouver Fringe Finds
フリンジ・フェスティバルを楽しむ


毎年秋に行われる「バンクーバー・国際フリンジ・フェスティバル」は30年以上の歴史があり、音楽、ダンス、演劇などプロアマ問わず700を超えるパフォーマンスを屋内外で見ることができる。今回、初めて見に行った筆者は三つのパフォーマンスを観賞したという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Oct 12, 2018 VIEWS

1006 14面 「Singapore Spotlight」 トム・ベナー

speaker音声を聞いてみよう

34) John Lennon's mystery trip to Singapore
ジョン・レノンのシンガポール旅行に迫る


英ロックバンド「ビートルズ」の、故ジョン・レノンのファンである筆者は、生前レノンがシンガポールへお忍びで旅行した事を知り、調べてみることにした。すると、当時のエピソードや本人の思いなどを知ることができ、とても興味深かったという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Oct 5, 2018 VIEWS

0922 14面 「Letter From Satsuma」 ジェフリー S. アイリッシュ

speaker音声を聞いてみよう

Renovating and re-occupying rural Japan
空き家の改修で田舎を活気づける


筆者が住む鹿児島県南九州市高田では、増え続ける空き家が問題になっている。2年前から移住希望者に空き家を貸す活動をしている筆者。最近、政府から3棟の家を改修するための支援金が届き、現在1棟目の改修工事を進めているという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Sep 21, 2018 VIEWS

0915 14面 「My Mexico」 マリオ・ディシミネ

speaker音声を聞いてみよう

12) Shall we dance?
一緒に踊りませんか?


最近、筆者が彼女と転居先近所の公園を散策していると、たくさんの人がダンスを楽しんでいた。公園では、ステップなどを一から教えてくれる初心者用の教室も開かれており、踊りはあまり得意ではない筆者も彼女と一緒に参加を考えているという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Sep 14, 2018 VIEWS

0908 14面 「Manhattan in Motion」 渡辺葉

speaker音声を聞いてみよう

5) Earthly beauty, heavenly bodies
メトロポリタン美術館の興味深い企画展


最近、メトロポリタン美術館で開催されている企画展「Heavenly Bodies」に行った筆者。有名ファッションデザイナーたちによる、キリスト教などから影響を受けた作品と中世の宗教的な工芸品を展示し、二つの世界を結びつけるようなとても興味深い展覧会だという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Sep 7, 2018 VIEWS

0901 「Uncle Nic's Wild Life」 C.W.ニコル

speaker音声を聞いてみよう

African guests and a very hot day
猛暑の中の来客


筆者が78歳の誕生日を迎えた7月、アフリカと日本の学生を含む30人がアファンの森を訪れた。腕によりをかけた料理でゲストをもてなす一方、忙しさのあまり自分の食事はおろそかに。有意義で楽しい時間を過ごし来客が帰った後、筆者は突然、体に異変を感じた。

このコラムではC.W.二コルさんの森林保護活動の観点から、人間と自然の共生を考えます。

次回は12月1日号の掲載予定です

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Aug 31, 2018 VIEWS

0901 14面 「Into the True Blue」 アイラ・ユール

speaker音声を聞いてみよう

3) Feeling alive in Sydney's music scene
シドニーのライブ音楽を楽しむ


シドニーに住む理由の一つとして、「音楽」を挙げる筆者。在住6年目になるが、一度もライブに行かない月はないというほど、シドニーのライブ音楽に夢中だ。音楽を通して友人の輪も広がったという筆者が、その魅力を語る。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Aug 31, 2018 VIEWS

0825 14面 「The View From Inside」 レベッカ音羽

speaker音声を聞いてみよう

12) When life hands you a lemon ...
災い転じて……


長年日本に暮らす筆者は、日本人の解決策に疑問を抱くことが多いという。利用者が何を欲しているかや、なぜ問題が起きてしまうのかを考えず、いろいろ禁止してしまう傾向があると感じる筆者が、自身の町で起きた良い例と悪い例を紹介する。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Aug 24, 2018 VIEWS

0818 14面 「Genuinely German」 クラウディア・ヒルドナー

speaker 音声を聞いてみよう

29) Living alongside the dead
死者のそばに暮らす


墓がある場所は気味が悪く住みたくないという人も多いが、墓地の隣に暮らす筆者は、静かで自然豊かな雰囲気が気に入っている。また、今までは土葬が主流だったが、火葬も増えてきており、ドイツの墓事情も少しずつ変化してきているという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Aug 17, 2018 VIEWS

0811 14面 「Vancouver Vibe」 ジャッキー・ホファート

speaker音声を聞いてみよう

37) A strange and smelly flower
熱帯植物園の珍しい花


最近、バンクーバーの公園を管理する団体から、貴重な花が咲いたというメールを受け取った筆者。自身は行かなかったものの、足を運んだ多くの友人・知人の話を聞くうち、その花に興味が湧いたという。どんな珍しい花が咲いたのだろうか?

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Aug 10, 2018 VIEWS

0804 14面 「Singapore Spotlight」 トム・ベナー

speaker音声を聞いてみよう

33) The new place to meet
東南アジアの中立国家として


6月12日にトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との、歴史的な首脳会談が開かれたシンガポール。国の秩序、中立性や裕福さから、外交やビジネスなどの国際会議の開催地として更に注目が集まっている。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Aug 3, 2018 VIEWS

0728 14面 「Letter From Satsuma」 ジェフリー S. アイリッシュ

speaker音声を聞いてみよう

Hospitality
おもてなしの精神


最近、米国からの留学生に日本の田舎暮らしについて教えるため京都へ行った筆者は、実際の田舎生活を体験してもらおうと鹿児島県へ来るよう学生に提案した。訪れた留学生をもてなすため、一生懸命になってくれる日本人の心に改めて感銘を受けたという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Jul 27, 2018 VIEWS

0721 14面 「My Mexico」 マリオ・ディシミネ

speaker音声を聞いてみよう

11) Beware when changing neighborhoods
転居の際は近隣の雰囲気の確認を


最近、メキシコシティーのサンタフェから、さらに繁華街に近いフアレスという地区に近隣の雰囲気を確認せずに引っ越した筆者。引っ越してみると、すぐ近くでデモ行進が行われており、少し迷惑に感じたが、生活の一部として我慢していくという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Jul 20, 2018 VIEWS

0714 14面 「Manhattan in Motion」 渡辺葉

speaker音声を聞いてみよう

4) Summer night in the city
ニューヨーク、夏の夜の過ごし方


夜遅くまで仕事をしている筆者は、この時期気分転換のため夜の散歩に出掛けることが多い。職場近くのブライアントパークでは、夜でも野外の映画上映や音楽、ダンスを踊る人などでにぎわい、多くの人がニューヨークの過ごしやすい初夏を楽しんでいるという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Jul 13, 2018 VIEWS

0707 14面 「Into the True Blue」 アイラ・ユール

speaker音声を聞いてみよう

2) How to keep warm in Sydney
シドニーの冬の楽しみ


ビーチや夏のイメージの強いオーストラリアだが、冬も見どころが満載だ。光と音、アイデアの祭典「ビビッド・シドニー」や内陸の山岳地帯「ブルーマウンテンズ」への散策など、シドニーの冬の楽しみ方を筆者が紹介する。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Jul 6, 2018 VIEWS

0623-30 18面 「The View From Inside」 レベッカ音羽

speaker音声を聞いてみよう

11) Giving their all
人のために努力し、作り上げる祭り


筆者の暮らす滋賀県の日野町で行われる、馬見岡綿向神社の春の「日野祭」は約850年続く。境内に集まる各町内の約16基の曳山(ひきやま)を見るため、多くの人々が集まる。この祭りが人々を魅了するのは、主催する町民の努力のたまものだと筆者は考えている。

*今週は合併増大号のため次週の更新はありません。次回更新は7月6日(金)です。

Jun 22, 2018 VIEWS

0616 14面 「Genuinely German」 クラウディア・ヒルドナー

speaker 音声を聞いてみよう

28) German food and what Germans eat
ドイツの食文化


ドイツで有名な食べ物といえば、ソーセージ。しかし、肉屋の減少や菜食主義者の増加などにより、少しずつ食文化も変化しているという。変わりつつあるドイツの食や、日本人がドイツへ旅行したときに選ぶべき食べ物などを筆者が紹介する。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Jun 15, 2018 VIEWS

0609 14面 「Vancouver Vibe」 ジャッキー・ホファート

speaker音声を聞いてみよう

36) A positive ball game
ソフトボールから学ぶ自分らしさ


高校に入るまでソフトボールをしていた筆者。野球好きのパートナーに触発され、約20年ぶりに再開し、現在二つのチームに所属している。女性同性愛者、性的少数者や太っている人など、同じ境遇の人たちとスポーツを通して分かり合えることを楽しんでいるという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Jun 8, 2018 VIEWS

0602 「Uncle Nic's Wild Life」 C.W.ニコル

speaker音声を聞いてみよう

Daffodils
森に咲き誇るラッパスイセン


雪深く寒さ厳しい冬が明けて春になると、アファンの森には多くのラッパスイセンが咲く。生まれ故郷ウェールズの国花でもあるこの花に、筆者は特別な思いを寄せている。

このコラムではC.W.二コルさんの森林保護活動の観点から、人間と自然の共生を考えます。

次回は9月1日号の掲載予定です

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Jun 1, 2018 VIEWS

0602 「Singapore Spotlight」 トム・ベナー

speaker音声を聞いてみよう

32) A safe place to live
世界2位の安全性を誇る都市


サイバーセキュリティー、医療・健康環境、インフラや個人の安全性を基準に、世界60都市の安全性を分析した「世界の都市安全性指数ランキング2017」。そこで東京に次ぐ2位となったシンガポールの安全性とその現状を、在住歴約6年の筆者が語る。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Jun 1, 2018 VIEWS

0526 14面 「Letter From Satsuma」 ジェフリー S. アイリッシュ

speaker音声を聞いてみよう

The Chabana fish auction
与論島・茶花漁港で競りの見学


鹿児島県最南端の島、与論島に家族旅行に行った筆者。港町の茶花に滞在している間、毎朝魚市場の競りを見学し、初めて見る光景や地元の人との会話を楽しんだという。小さな島での出会いや思い出は、とても貴重なものだと筆者は語る。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

May 25, 2018 VIEWS

0519 14面 「My Mexico」 マリオ・ディシミネ

speaker音声を聞いてみよう

10) What a week!
最高の祝日、復活祭と聖週間


国民の約9割がカトリック教徒のメキシコ。しかし、他のキリスト教の国々と違い、宗教関連の祝日は国が定めた休日ではなく、会社が自発的に設定している。多くの市民が海外へ行く復活祭の休みに、筆者は穏やかなメキシコシティーを楽しんだという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

May 18, 2018 VIEWS

0512 14面 「Manhattan in Motion」 渡辺葉

speaker音声を聞いてみよう

3) Market: Messenger of the season
春の訪れを告げるマーケット


公園の自然やマーケットの色鮮やかな花や食材が、春の訪れを知らせるニューヨーク。今年は少し寒いがその季節がやってきた。そこで、筆者も頻繁に買い物をする、ユニオンスクエアというマンハッタンの大きな公園の「グリーンマーケット」を紹介する。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

May 11, 2018 VIEWS

0505 (新)「Into the True Blue」 アイラ・ユール

speaker音声を聞いてみよう

1) The multicultural soup
多くの民族が融合する都市、シドニー


 オーストラリア人の父と日本人の母を持ち、日本で生まれ育った筆者は18歳で単身オーストラリアのシドニーへ。暮らしてみると、さまざまな文化・民族的背景の人たちが「具材」や「スパイス」となり個性を引き立てる、「スープ」のような都市だと感じたという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

May 4, 2018 VIEWS

0428 14面 「The View From Inside」 レベッカ音羽

speaker音声を聞いてみよう

10) Saying Goodbye to Zabuton?
消えゆく座布団の習慣


昔はどの家にもあった座布団。今では家での集まりが減ったり、椅子に座ることが多くなったりしてと、座布団を使う機会もめっきり減ってしまったという筆者。最近、自宅の蔵を整理し、大量の使われなくなった座布団を発見して思うこととは……。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Apr 27, 2018 VIEWS

0414 14面 「Vancouver Vibe」 ジャッキー・ホファート

speaker音声を聞いてみよう

35) Finding a new perspective in feminism
新しいフェミニズムのあり方


最近、フェミニスト文学雑誌が開いたイベントに参加した筆者。数あるパネルディスカッションの中から、先住民族出身の女性らなどによる討論を聞いたという。白人女性主体の女権拡張主義が根強いと感じている筆者は、今回のイベントを有意義だったと語る。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Apr 13, 2018 VIEWS

0407 「Singapore Spotlight」 トム・ベナー

speaker音声を聞いてみよう

31) Singapore and its neighbors
シンガポールと周辺諸国のつながり


シンガポールは東南アジア諸国連合(ASEAN)の中心的存在で、多様性あふれる同地域の経済発展に大きな役割を担っている。同国がASEAN議長国を務める今年、ニュース専門チャンネルが制作した番組は、各国の今を伝えているという。

週刊英語学習紙 毎日ウィークリーのサイト 「Mainichi Weekly」

Apr 6, 2018 VIEWS